同窓会

0
    怒涛の7つ仕事同時進行の真っ最中。あわせて普段ないようなトラブルが続出して、試されている時期なのかな? 欲張らずに1つにやることを絞らないといけない、手をひろげてはダメだというメッセージなのかな??といろいろ考えていたのだけど、教会でひいたおみくじの一言メッセージに、“裁きは自分で下してはならない”と書いてあったので、結果をみて回りが決めてくれればよいこと。声をかけて頂けるだけありがたいことなので、自分は全力でやるしかないなと思って今は無心でやっています。

    来週10日火曜日からは、代官山JUNIEMOONで企画展示会が始まります。素敵な作家さんの作品がいろいろ買えるようなのでお近くの方は是非行ってみてください。ノーベルのCDもいつも置いて頂いていますが、いつもよりコーナーを拡大して、テーブルの上でゆっくりとCDの試聴が出来るようになっています。


    今日は昼間は月曜日のソトコトの撮影用のスタイリンググッズをレンタル回りに。夜は高校の同級生の女子3人で久しぶりの同窓会。1人会えなかったのは残念だったけど、いろいろ近況を報告したり。みんな全然年をとってないし、髪型も変わってないし、雰囲気も変わってない!人って滅多なことでは変わらないものですね〜。

    私は高校時代は朝から晩まで楽器の練習ばっかりして、買うのはレコードとCDだけ、音楽三昧の日々を送っていて(よくオリーブ少女だったでしょ?と聞かれますが、オリーブを1回も読んだことがないのです。)勉強も全然してなかったのですが、学校の中ではそんな人はあまりいなくって結構浮いた存在でしたね。。2人ともちゃんと勉強してて早稲田と慶應に入学。今はフリーのアナウンサー、映画やテレビドラマを手掛ける脚本家になってます。
    同級生が夢をかなえて頑張ってると思うと自分のはげみになりますね。

    ちなみにアナウンサーは、ホリプロの貞包みゆきさん、脚本家は永田優子さんです。

    2号編集作業中。

    0
      本の編集作業もやっと終わりが見えてきました。前回以上にいいものになるよういろいろ頑張っている最中です。

      当初は年に3回くらいは出したいな〜と思っていたので、音楽の紹介数はそれほど多くならないようにしていたのだけど、やってみるとやっぱり本職の合間に作るものとしてはとても大変で、、年に1冊がやっとの感じなのでその分音楽紹介を少し多くしています。

      ノーベルの元スタッフだった馬場ありささんからはグレン・グールドのテキストが届きました。

      私にとってのグールドといえば出会いがかなり衝撃的で、初めて聴いたレコードがピアノの音は外れてるし、変なおじさんの声は入ってるし、ジャケットは子供の頃のグールドだし、、輸入盤だからブックレットもないので詳細がわからず、先生の教える変な声が入ってる、カクカクした妙な弾き方で妙に上手な子供が弾いてるピアノ演奏、だとずっと思ってました。子供の頃、自分の練習するバッハのインヴェンションのお手本として母が買ってくれたものだったのですが、なんでこんなものをお手本にしないといけないのだろう、、と思ったりもしてました。。

      随分たってから、あの録音が大人のグールド本人のつぶやき声と演奏だったのを知ったときはさらにショックを受けましたが、大人になって少しずつよさがわかってきた感じです。馬場さんのテキストを読むと、またいろいろ聴いてみたくなりました。

      8月には久々のライブも決まったので、早くいいもの作ってひと段落させて、楽器の練習もしないとね!



      バラの季節

      0
        制作期間に入るとすっかり日記から遠ざかりますね。昨日はバラのスタジオで撮影でした。我が家のガーデンのバラたちもポツポツ咲いてくれてます。


        おすすめ作品のご紹介。


        友沢ミミヨちゃんからまめおやこの続編新刊。生後半年くらいにパリではじめてまめおやじに御対面してから早8歳。こういう作品として親子の軌跡が残っていくのは本当にうらやましい! 子供にとってはママの愛情がたっぷり感じられる、永久の宝物です。ひたすらおもしろおかしいマンガとして、子を持つ親としては涙なしでは読めない感動ものの作品です。まめおやじ(実は美人の友沢コタオちゃん)を見たいかたはMILKなどの雑誌でモデルとして見ることが出来ますよ*


                     


        インスタントシトロンの片岡知子さんが音楽を担当した、スキマの国のポルタのDVDボックスセット。親子そろって大好きなので買おうと思っているうちに頂いてしまいました。指人形までついた豪華なセット!じっくりゆっくり楽しみたいので、仕事がひと段落ついたら箱をあけようと思ってます。こういう作品の世界観を詰め込んだボックスセットは本当に嬉しいですね+ 片岡さんの手掛けた、一度聴いたらもう2度と耳から離れないファニーで愛らしい音楽。うちのレーベルからリリースさせて欲しかったくらい大好きでおすすめです。


                     


        パトリスジュリアンさんの新刊“ゆたかに生きる”。翻訳を担当している碓井洋子さんから頂きました。碓井さんはジュリアンさんの専属の翻訳家ですが、そのご縁でかれこれ6年、うちの会社のリリース作品の歌詞翻訳も全てやって頂いています。 真理はとてもシンプルなこと。だからこそ感じ取ることは人にとって難しかったり。形だけのライフスタイル提案なんて軽いものでなく、極意の魔法の言葉にあふれた本。こんな手軽なお値段とやさしい語り口の文庫本だけど、バイブルにしたいくらいの重みがあります。


                     

        mariage

        0




          今日は友人ミュージシャンのbiceの結婚式&披露パーティー。目黒サレジオ教会でパイプオルガンの演奏と生の賛美歌での厳かな式に続き、セルリアンタワーで盛大な披露パーティー。

          ファッション誌にもモデルとして度々登場するおしゃれでべっぴんさんのbiceだけに、大森仔佑子さんスタイリングの素敵なアンティークのウエディングドレスがとてもよく似合っていました。いつも以上に本当に綺麗で素敵でした〜。


          “6月にレディメイドコロンビアから新婦の新譜が出ます(笑)”とスピーチの小西氏が締めくくり、そのままライブタイム。ピアノ演奏〜来日してかけつけてくれたマイケルジャクソンの華麗なパフォーマンス、(麻布在住のマイケルです(笑)でもほんとにすごかった!)続いて本人のピアノ弾き語り演奏。


          旦那様も2次会ではマイケルジャクソンのダンスまで披露してくれて、芸達者な2人で、楽しくて幸せな家庭を築いてね* 


          今週はgirlsレセプションパーティー、友沢ミミヨちゃん、しまおまほちゃん、本秀康さんのTシャツ展オープニングパーティーに続き、この結婚パーティーでおいしいものを食べ過ぎたので、来週からはちょっとは運動しないと!

          gateau d'anniversaire

          0


            先月からずっと日程調整しながらなかなか集まれなかった3月4月生まれのお友達のバースデーパーティーを中目黒ルビーインザソーダのアトリエで。


            バラのシリコン型で焼いたケーキに、イチゴを入れた生クリームでピンクに彩り。エディブルフラワーをあちこちに飾って、1人1本ずつキャンドルを吹き消せるようにお誕生日の人数4人分のバレリーナを躍らせました。

            プレーンな型にいろいろデザインするほうが簡単で、型のケーキはインパクトがあるけど、クリームを綺麗に塗るのがなかなか難しいですね。。でもやっぱり特殊型が大好きなので、ひつじ、パンダ、メリーゴーランド、人形、うさぎ、バラ、、ときて次はどんな型のケーキに挑戦しようか楽しみです*



            corchea展示会@南青山CHANG

            0


              ミュージシャンのショコラさんのデザインするアクセサリーブランドの展示会へ。おしゃれのセンスも抜群なだけに、カラフルで絶妙なバランスでデザインされた素敵なアクセサリーがいっぱい☆ 動物ものにはどうしても弱いので、カメラを抱えたチンパンジーが愛らしいネックレス(写真左から2番目)をオーダー。ハンドメイドの一点ものなので色合いも1つ1つ変わるようで、届くのがとても楽しみ*

              パトリシアプティボン ソプラノリサイタル@初台オペラシティーホール

              0


                週末は初台オペラシティーホールへパトリシアプティボンさんのコンサートを見に。
                先に寄っていた信藤さんと小西さんのジャケットトークショーが楽しくて、なかなか途中で席を立てずに開演に絶対間に合わない!という時間に会場を出たのですが、タクシーで3分であっさり到着。スタートからバッチリ見ることが出来ました。

                ライブハウスのような、お客さんとコミュニケーションのとれるコンサートを、、ということで、ピアニストと2人、この大きなホールでどんなステージを見せてくれるのだろう?と期待たっぷりでしたが、アーンの“クロリスに”、プーランクの“愛の小径”、ファリャの“子守唄”フィガロの結婚から、“バルバリーナのカヴァティーナ”、、などなど1曲1曲、詩の世界の役者になりきって小道具とともにステージ上を動き回り、ユーモアたっぷりのショーを見せてくれました。身体は細いのに、声はファットで恐ろしく声域も広い! 合わせてこのキュートなルックス。おじ様方はかなり虜になってしまったのではないでしょうか。

                フランスにはクラシックを学んできながらもクラシックでない音楽をしているミュージシャンが知人回りでたくさんいるので、パトリシアのように、お客に自身の全てをさらけ出すような前の出方が出来る音楽家のショーはよく見ている感覚はあったのですが、クラシックの声楽家として活動してる中でここまでロックでオープンな性格の人、というのはなかなかいないと思います。お客さんはちょっとびっくりしていた様子。

                プログラムラストとアンコール最終では、アブルケルの“ジュテム”を。

                観客にありったけのラブとキッスを振りまきながら、若年層は見渡す限り自分たち以外ほとんどいない静かなクラシックファンのお客さん、私の前にいた方は杖をついた御老人でしたが、1階〜3階まで、観客全員!がオールスタンディングのままの大喝采のアンコールなんて、この日本で滅多に見れるものではありません。 


                  まあ立ちっぱなしだったのには理由があるのですが、、アンコールも4回終わり、もう最後とお客さんが全員立ち上がって帰ろうとした瞬間、まさかの5回目の再登場、みなあわてて客席に戻ろうとあわてふためくなかでのジュテム。4回目のアンコールで散々手を振ってさようなら〜!とアピールしたあとでの出来事だったので、完全にこれは演出ですね。もうここまできて、最後の最後で完璧なまでにホールにいるお客全員の心を1つにして、これがライブハウスのようなクラシックコンサートということなんだ、、と感動で胸がいっぱい。 楽屋を訪れて挨拶をしよう、と思っていた中、さらにまさかのサプライズ! 本人の直筆サイン会がロビーではスタートしたのでした。ホールのドアから出たお客さんはそのままその列に並び、(もうほぼ全員といってもいいくらいたくさんのお客さん。写真はサイン会後半ですがそれでもまだ長蛇の列。横からみるとさらにクリスティーヌとそっくり。)気さくに笑顔をふりまくピアニストのピクルスキとパトリシア。

                次はフランス公演も見てみたいな。久しぶりに心の底から感動できるコンサートを見ることが出来て幸せでした*

                秋冬コレクション@代官山ヒルサイドスタジオ のお知らせ

                0


                  再来週から始まるエコロジオンさん主催の、秋冬コレクションで音楽を担当します。バイヤーの方以外も参加できるようですので、かわいいファッションアイテムを探しに、是非いらしてください* 


                  日程 4月22日(火)〜24日(木) 
                  場所 代官山ヒルサイドテラスH棟 スタジオヒルサイド  渋谷区猿楽町18-17
                  (会期中直通番号 03-3464-0160)

                  時間 22日(火) 13:00am〜19:00pm
                     23日(水) 10:00am〜21:00pm (19:00よりレセプション)
                     24日(木) 10:00am〜19:00pm

                  ★23日19:00よりレセプションを行います。お飲み物と軽食をご用意して
                  みなさまのご来場をお待ちしております。

                  いよいよやっと!

                  0


                    汐留のワールド本社にて打ち合わせ。ブランドスタートから1年半。ヘンゼル&グレーテルの2号店がいよいよ関西に出来るので楽しみです。エレベーター脇のビルの窓からは大好きな浜離宮庭園が見えます。この庭園内にある中島の御茶屋で抹茶を頂くのが本当に大好き。海外からのお客さまは必ず連れていってあげます。

                    明日は2年くらい延び延びになってしまっていた、珍しいキノコ舞踊団のサントラ制作の打ち合わせ。久しぶりにある8月のキノコ本公演に合わせて、急ピッチで制作していきます。ブックレットなども充実させる予定なのでファンの方はお楽しみに!

                    パトリシア・プティボン ソプラノリサイタル

                    0
                              

                      数年前に麻布ブレッツで開催したノーベルナイト&スイーツというイベントで来日して歌ってくれたグゼラックのボーカル・クリスティーヌのお姉さん、パトリシアさんが初来日公演をやります。

                      クラシックの声楽家なのにこのセンス! 歌のうまさだけでなく飛んでる具合も姉妹一緒のようです(笑)素敵です*

                      チケットはまだ入手できるようなので、お近くの方は是非行ってみてください♪

                      詳細は → JAPAN ARTS




                                        


                      Profile

                      トイミュージック&チルドレンミュージック専門の音楽プロダクション NovelCellPoem,INC 代表・クリエイティブディレクター/作曲・演奏家/古楽器&玩具楽器蒐集家 プロフィール続き

                       

                      取材、お仕事のご依頼は、コチラまで。


                      yoshie akai.net

                       

                      一般社団法人FreePets

                       

                       

                       

                      lapin

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      NovelCellPoem,INC WEB

                       

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode